とりあえず相手をほめておけばうまくいくことって多いです


これは私が女友達とカラオケに行ったとき、身にしみて感じたことです。

私自身は、カラオケが死ぬほど苦手で、できれば行きたくはなかったのですが、出会い系サイトを利用して知り合った女の子にせっかく誘ってもらったので、思い切って一緒に行くことにしました。

しかも二人きりで誘われたんですよ!別に変な下心があったわけではないですけど、女の子と二人でカラオケはめちゃくちゃおいしいシチュエーションだと思います。実際に美味しかったです。

あらかじめ、素直にカラオケが苦手であることを打ち明けておいてよかったと思います。

私があまりに音痴なせいで、例えば友達などとカラオケに行っても盛り上がれないこととかありましたし(ある程度の歌下手だったら笑いをとるのに使えるのですが、私の場合はちょっと信じられないレベルの歌下手なので、カラオケの空気が凍り付くのです)せっかくカラオケに誘ってくれた子ががっかりすることになったらかわいそうだと思って、予め正直に音痴であることを告白したのです。結果的にはそれが好印象なようでした。

彼女に良い印象を与えられた事よりも驚いたのは、とにかく彼女が驚異的に歌うまだったことです。

実は歌手を目指している野田みたいなことを言ってましたが、それもアリだろうなあと思えるくらいにうまかったです。

もともと私は音楽をあまり聞かないのですが、そんな私でも一発でうまいと分かるくらいですから、それはもう信じられないくらいハイレベルでした。

しかもその時のカラオケは、どうやら彼女にとっては練習だったようです。今度、女友達とカラオケに行くときのために、持ち歌をいろいろと増やしておきたいのだということを言ってました。

「持ち歌」という言葉を使われても、最初、私にとってはピンと来なかったくらいなのですが、彼女に説明してもらってようやく意味が分かりました。

しかしながら、あれだけうまいのに「練習」のつもりだったとは、もはや私にはついて行けない世界の話です。

私はとにかく、彼女のことをほめてほめて褒めまくりました。決してお世辞のつもりではなかったのですが、彼女には、私の言葉がお世辞のように聞こえたみたいです。

ほめればほめるほど、次から次へと彼女が色々な歌を歌って聞かせてくれるので、カラオケが死ぬほど苦手な私でも、だんだんと楽しくなってきました。

なにか恋愛指南の本とかで、とりあえず相手をほめればうまくいくみたいな一説を読んで、それって本当かなとか思ってたんですが、思い切って試すことができたみたいなんでよかったです。

結論から言えば、確かに相手をほめてほめて褒めまくったら、それだけでうまくいくことって結構あります。ただし、相手とケンカして気まずくなっているときとかに、マルでごまかすみたいに相手をほめてもうまくいかないことはありますが。

カラオケというものは、私たちにとってまだまだ共通の趣味と言えるものではないかもしれませんが、二人でカラオケに来ればこれだけ楽しめるということで、私もこれから少しずつ、音楽を聴くようにしようかなとか思いました。

彼女のレパートリーにはアニソンが多かったので、私もアニソンとか聞いてみようかと言ったら、おススメをいくつか教えてくれたのもうれしかったです。