セフレなら、セックスのテクニックで選ぶのが当然だと思います


もちろん、個人が出会い系サイトを利用するも食って気は様々ですし、人によっていろいろな考え方があるとは思うのですが、私は個人的に、セフレと恋人を混同するような考え方が好きではありません。セフレとの関係が長期にわたって良好であり、もはやこの二人の関係は恋人同士のそれとほとんど区別がつかないとか、付き合っている当事者の二人が、もはやお互いのことをセフレというよりは恋人同士として認識しているということも、可能性としてはあるのかもしれません。そういうスタンスで出会い系サイトを利用している人を、ことさら非難しようとは思わないのですが。

ただ、私がそもそも出会い系サイトを利用してセフレを募集し始めたきっかけというのが、恋人との関係がうまくいかなかったから、これまでの恋人同士の関係とは全く違う男女交際というものが経験して見たかったからという考えがあるので、どうしても、セフレという関係と恋人同士の関係を同じものとして考えることはできません。

セフレという関係はもともとセックスフレンドの略であり、セックスフレンドというのはもちろん、セックスするために男女が関係を持っている状態というのを表すので、セフレを選ぶ際にはやっぱり相手が持っているセックスのテクニックだとか、あるいは体の相性などで選ぶのがごく普通の考え方だと思います。セフレだからと言って、セックスだけがすべてだとか、セックスしているとき以外はお互いの関係は非常に機械的でロボットみたいなものだと表現すれば、さすがにこれは言い過ぎになってしまうかもしれません。

男女が二人で一緒にいる以上は、たとえその二人の関係がセフレと呼ばれる関係であったとしても、セックスの時以外は機械的になるというのではなく、普通に二人でデートをして、映画を見て食事をして、畑から見れば恋人同士にしか見えない時間を過ごすということも決して珍しくはありません。とはいえ、セフレと恋人同士の関係というものは、どれだけ似ていたとしても、やっぱりまったく別のものだと私は思うのです。

実際に私は、彼氏と付き合っていたころとは全く違う考え方で、今のセフレとお付き合いしています。具体的に、セフレに対しては、元カレには要求できなかったようなことを要求したいと思っているのです。私がセフレに対して要求したいことは、とにかく「私自身が本当の意味で満足できるセックス」です。なんだかごく普通すぎる願望だと思われるかもしれませんが、実際のところ、こんな感じのごく普通の願望が満たせていない男女が、きっと世の中にはたくさんいるんだと思います。

パートナーとのセックスにあまり満足できないけれど、そのことをパートナーに伝えたらパートナーを傷つけてしまうかもしれないし、そもそもどうやって伝えたらいいのかが分からないから、本当は全然満足できていなくても満足しているようなふりをするとか、気持ちよかったなどとうその感想を伝えるとか、そういうことをしている人がきっとたくさんしていると思います。

実際に私自身もそういうことをした経験があるので、自分のパートナーに対して嘘をつく人の気持ちは痛いほどわかります。
基本的に、セックスの際につく嘘というのは、相手のことを思いやってつく嘘です。相手を傷つけたくないから嘘をつくんです。私の勝手な思い込みかもしれませんが、セックスの際に相手のことを思いやって嘘をつくのは、男性よりも女性のほうが多いような気がします。

しかし、いつも我慢ばかりしていたためについに我慢の限界を感じて、結局のところ彼とは別れました。私はとにかく、セックスで自分が心から満足できるような体験がしたいと思ったので、出会い系サイトを利用してセフレの募集を始めました。セフレが相手であれば、体の相性を考えて相手を選ぶということが可能です。

私はもう処女ではありませんし、男女交際について幻想みたいなものを抱いているわけではありません。もしも、誰かとセックスしてみてあまり気持ちよくなければ、さっさとその人との関係を終わらせてまた別の誰かとの関係を始めるという割り切りが、セフレ相手なら可能なのです。

ただ、別れを切り出す際は相当慎重に行動しないと、後々トラブルになったりする場合も珍しくないので、それだけは注意が必要ですね。
出会い系サイト 口コミ
【セフレ検索も可能なオススメ出会い系サイトpickup!】