About:zS2bjrmY

plentyfortyson@yahoo.co.jp12/8/2015

Posts by zS2bjrmY:

とりあえず相手をほめておけばうまくいくことって多いです

これは私が女友達とカラオケに行ったとき、身にしみて感じたことです。

私自身は、カラオケが死ぬほど苦手で、できれば行きたくはなかったのですが、出会い系サイトを利用して知り合った女の子にせっかく誘ってもらったので、思い切って一緒に行くことにしました。

しかも二人きりで誘われたんですよ!別に変な下心があったわけではないですけど、女の子と二人でカラオケはめちゃくちゃおいしいシチュエーションだと思います。実際に美味しかったです。

あらかじめ、素直にカラオケが苦手であることを打ち明けておいてよかったと思います。

私があまりに音痴なせいで、例えば友達などとカラオケに行っても盛り上がれないこととかありましたし(ある程度の歌下手だったら笑いをとるのに使えるのですが、私の場合はちょっと信じられないレベルの歌下手なので、カラオケの空気が凍り付くのです)せっかくカラオケに誘ってくれた子ががっかりすることになったらかわいそうだと思って、予め正直に音痴であることを告白したのです。結果的にはそれが好印象なようでした。

彼女に良い印象を与えられた事よりも驚いたのは、とにかく彼女が驚異的に歌うまだったことです。

実は歌手を目指している野田みたいなことを言ってましたが、それもアリだろうなあと思えるくらいにうまかったです。

もともと私は音楽をあまり聞かないのですが、そんな私でも一発でうまいと分かるくらいですから、それはもう信じられないくらいハイレベルでした。

しかもその時のカラオケは、どうやら彼女にとっては練習だったようです。今度、女友達とカラオケに行くときのために、持ち歌をいろいろと増やしておきたいのだということを言ってました。

「持ち歌」という言葉を使われても、最初、私にとってはピンと来なかったくらいなのですが、彼女に説明してもらってようやく意味が分かりました。

しかしながら、あれだけうまいのに「練習」のつもりだったとは、もはや私にはついて行けない世界の話です。

私はとにかく、彼女のことをほめてほめて褒めまくりました。決してお世辞のつもりではなかったのですが、彼女には、私の言葉がお世辞のように聞こえたみたいです。

ほめればほめるほど、次から次へと彼女が色々な歌を歌って聞かせてくれるので、カラオケが死ぬほど苦手な私でも、だんだんと楽しくなってきました。

なにか恋愛指南の本とかで、とりあえず相手をほめればうまくいくみたいな一説を読んで、それって本当かなとか思ってたんですが、思い切って試すことができたみたいなんでよかったです。

結論から言えば、確かに相手をほめてほめて褒めまくったら、それだけでうまくいくことって結構あります。ただし、相手とケンカして気まずくなっているときとかに、マルでごまかすみたいに相手をほめてもうまくいかないことはありますが。

カラオケというものは、私たちにとってまだまだ共通の趣味と言えるものではないかもしれませんが、二人でカラオケに来ればこれだけ楽しめるということで、私もこれから少しずつ、音楽を聴くようにしようかなとか思いました。

彼女のレパートリーにはアニソンが多かったので、私もアニソンとか聞いてみようかと言ったら、おススメをいくつか教えてくれたのもうれしかったです。

セフレ募集アプリ
セフレGETなら最新のセフレアプリがおすすめ!

セフレなら、セックスのテクニックで選ぶのが当然だと思います

もちろん、個人が出会い系サイトを利用するも食って気は様々ですし、人によっていろいろな考え方があるとは思うのですが、私は個人的に、セフレと恋人を混同するような考え方が好きではありません。セフレとの関係が長期にわたって良好であり、もはやこの二人の関係は恋人同士のそれとほとんど区別がつかないとか、付き合っている当事者の二人が、もはやお互いのことをセフレというよりは恋人同士として認識しているということも、可能性としてはあるのかもしれません。そういうスタンスで出会い系サイトを利用している人を、ことさら非難しようとは思わないのですが。

ただ、私がそもそも出会い系サイトを利用してセフレを募集し始めたきっかけというのが、恋人との関係がうまくいかなかったから、これまでの恋人同士の関係とは全く違う男女交際というものが経験して見たかったからという考えがあるので、どうしても、セフレという関係と恋人同士の関係を同じものとして考えることはできません。

セフレという関係はもともとセックスフレンドの略であり、セックスフレンドというのはもちろん、セックスするために男女が関係を持っている状態というのを表すので、セフレを選ぶ際にはやっぱり相手が持っているセックスのテクニックだとか、あるいは体の相性などで選ぶのがごく普通の考え方だと思います。セフレだからと言って、セックスだけがすべてだとか、セックスしているとき以外はお互いの関係は非常に機械的でロボットみたいなものだと表現すれば、さすがにこれは言い過ぎになってしまうかもしれません。

男女が二人で一緒にいる以上は、たとえその二人の関係がセフレと呼ばれる関係であったとしても、セックスの時以外は機械的になるというのではなく、普通に二人でデートをして、映画を見て食事をして、畑から見れば恋人同士にしか見えない時間を過ごすということも決して珍しくはありません。とはいえ、セフレと恋人同士の関係というものは、どれだけ似ていたとしても、やっぱりまったく別のものだと私は思うのです。

実際に私は、彼氏と付き合っていたころとは全く違う考え方で、今のセフレとお付き合いしています。具体的に、セフレに対しては、元カレには要求できなかったようなことを要求したいと思っているのです。私がセフレに対して要求したいことは、とにかく「私自身が本当の意味で満足できるセックス」です。なんだかごく普通すぎる願望だと思われるかもしれませんが、実際のところ、こんな感じのごく普通の願望が満たせていない男女が、きっと世の中にはたくさんいるんだと思います。

パートナーとのセックスにあまり満足できないけれど、そのことをパートナーに伝えたらパートナーを傷つけてしまうかもしれないし、そもそもどうやって伝えたらいいのかが分からないから、本当は全然満足できていなくても満足しているようなふりをするとか、気持ちよかったなどとうその感想を伝えるとか、そういうことをしている人がきっとたくさんしていると思います。

実際に私自身もそういうことをした経験があるので、自分のパートナーに対して嘘をつく人の気持ちは痛いほどわかります。
基本的に、セックスの際につく嘘というのは、相手のことを思いやってつく嘘です。相手を傷つけたくないから嘘をつくんです。私の勝手な思い込みかもしれませんが、セックスの際に相手のことを思いやって嘘をつくのは、男性よりも女性のほうが多いような気がします。

しかし、いつも我慢ばかりしていたためについに我慢の限界を感じて、結局のところ彼とは別れました。私はとにかく、セックスで自分が心から満足できるような体験がしたいと思ったので、出会い系サイトを利用してセフレの募集を始めました。セフレが相手であれば、体の相性を考えて相手を選ぶということが可能です。

私はもう処女ではありませんし、男女交際について幻想みたいなものを抱いているわけではありません。もしも、誰かとセックスしてみてあまり気持ちよくなければ、さっさとその人との関係を終わらせてまた別の誰かとの関係を始めるという割り切りが、セフレ相手なら可能なのです。

ただ、別れを切り出す際は相当慎重に行動しないと、後々トラブルになったりする場合も珍しくないので、それだけは注意が必要ですね。
出会い系サイト 口コミ
【セフレ検索も可能なオススメ出会い系サイトpickup!】

テレクラと出会い系どっちが会える?メリットとデメリットは?

テレクラと出会い系どっちが会える?

テレクラは、電話エッチや出会い探しなど、様々なことを楽しめる総合的な成人向けサービスですが、出会い系と比べたとき、果たしてどちらのほうが出会いやすいのでしょうか。以下にそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

テレクラのメリットとデメリット

テレクラのメリットは、会うということに関していえば、やはり他の男性に邪魔されないということ、そして会えばかなりの確率でセックスができるということでしょう。言うまでもないことですが、電話は一対一ですることとなりますので、たとえばあなたが、相手の女性を口説いている最中に、あなたよりももっと魅力的な男性が彼女のもとに現れて――ということはないわけですね。出会い系とは違い、ひとりにアプローチをしたときの成功率が高いというのは、テレクラの大きなメリットといえるでしょう。

加えて、テレクラで知り合ってデートをした場合、セックスをできる確率は非常に高いといえます。それはなぜかというと、テレクラはもともと、そのような大人の関係を求める場所であったからです。そして今も、電話エッチを前面に押し出して、エッチなことをできる場所として提供されているからです。いわば暗黙の了解のような形で、そこで知り合った男女がデートに至れば、自然とセックスをする流れとなります。このこともテレクラを利用するメリットといえそうです。

これに対してデメリットは、料金が高いことと、効率が悪いことでしょう。テレクラの料金は1分100円ですから、出会い系の料金とは比較にならないほど高額です。それに、一対一で話せるのはいいですが、それは逆に同時に複数の女性にアプローチすることはできないということです。テレクラ利用の際にはこの点に注意したいですね。

関連サイト情報→テレクラ

出会い系のメリットとデメリット

出会い系のメリットは、安く、効率よく出会いを探せることです。メール送信は優良サイトであれば送信1回50円となっていますが、最大1000字くらいの文字を書き込めるので、テレクラよりも相当に安いといえます。また、検索機能や掲示板を駆使して、好みの女性や、目的の一致する女性を探し、それらの女性全員といっぺんに連絡を取ることができるというのも、出会い系のメリットでしょう。

これに対してデメリットは、ある女性を口説いている最中に、あなたよりも魅力的な男性が彼女に近寄ってくる可能性もあるということですね。ひとりの女性にアプローチをしたときの会える確率は、テレクラよりもずっと低いと考えてよいでしょう。

以上のように、テレクラも出会い系も一長一短です。どちらかとは言わず、両方をうまく使って出会いを探していきたいですね。

逆援サイトへの登録方法は?狙い目な女性の特徴って?

逆援サイトへの登録方法

逆援サイトを使ったことのない人は、それへの登録の仕方もいまいちよくわからないと思います。しかしこれは、それほど難しいことではありません。逆援サイトといっても、その中身は普通の出会い系サイトと変わらないからです。登録の仕方は、まずその登録したいサイトを開いていただきまして、そこに「男性登録はコチラ」という項目があると思いますので、それをクリックしてください。

すると、そこで基本プロフィールの入力を求められるか、もしくは登録用のアドレスに空メールを送ることになります。いずれにせよメールアドレスの登録は必須です。このときのポイントは、できればフリーアドレス、いわゆる捨てアドで登録することですね。Gメールやヤフーメールなど、無料で、簡単に取得できるアドレスはたくさんありますので、そういったものを使って登録するとよいでしょう。

これは、もしそのサイトが悪質サイトであったときの対策です。万が一悪質出会い系サイトに登録してしまった場合、毎日のように、数十件にも上るメールが届くこととなります。迷惑きわまりないので、自分の携帯電話のアドレスを登録するのはやめておいたほうがよいでしょう。

登録の仕方としては、これはサイトによりますが、フェイスブックやツイッターのアカウントで会員登録を済ませることも可能です。そのほうが手続きが楽ですが、個人情報をなるべく明かしたくないのであれば、メールアドレスで登録したほうがよいでしょう。

さて、登録専用のメールアドレスにメールを送りましたら、「仮登録メール」というのが送られてきます。その本文にあるURLをクリックし、そのサイトにジャンプ、そこでプロフィールを設定します。その後「本登録完了メール」というのが届きますので、そうしましたら、そのメールの本文にあるURLをもう一度クリックします。これで登録は完了です。事前にプロフィールを入力していた場合には、仮登録、本登録の手続きは省略され、「ご登録ありがとうございます」というメールが届くことになります。

登録を済ませましたら、早めに年齢認証をすることをおすすめします。年齢認証というのは、18歳以上であることの証明ですね。免許証や保険証を用いて、これを行います。スマホ付帯のカメラで身分証を撮影し、これをメールに添付し送るのがいちばん簡単な方法ですね。年齢認証に必要のない部分は隠しても構いませんので、詳しくはそのサイトの年齢認証ページをご確認ください。

ただし、そのサイトが悪質な出会い系である可能性もありますので、そうと疑われる場合には、個人情報を明かしてはいけません。登録前にとうぜん利用規約は確認されていることと思いますし、そこに問題がなかったからこそサイト登録を決めたのでしょうが、たとえば登録してすぐに何人もの女性からメールが届いたとか、登録した覚えのないサイトからもメールが届き始めたとか、そういったときには年齢認証はせず、というより即刻退会してそのサイトのアドレスを拒否設定に入れたほうがよいでしょう。

年齢認証をしなくとも、連絡先の交換ができないというだけで、一応サイトは使えることには使えるので、すこし様子を見てみるというのもありです。そのあたりは実際に登録して判断してください。

逆援相手を探す方法

サイトに登録しましたら、いざ、逆援助をしてくれる女性、あるいはしてくれそうな女性を探していきますが、その方法はプロフィール検索と、掲示板とが主になります。そこで知り合った女性らと連絡を取り、親しくなるんですね。もしあなたの使っているのが出会い「アプリ」のような形であれば、GPSでご近所さんを探すことも可能です。近くにいる、近くに住んでいる、というのはそれだけで会う理由となりますので、有効に活用してください。

出会い系で「逆援がしたい」と言っている女性は基本的にはいません。なので、その可能性のある女性を狙うというのが、逆援への近道といえます。プロフィール検索をするとき、写真の有無も条件に加えられますから、それを「有」にして検索をかけ、ピックアップされた女性の中から、あまりモテなさそうな人にメールを送るのがよいでしょう。

掲示板を使うときも同じように、あまり男性に相手にされていなさそうな女性を狙うことです。中でも同じような書き込みを毎日のようにしている女性、これは誰にも相手にしてもらえていないから、相手が見つかっていないからそうしているので、狙い目といえます。そこから逆援助に持っていけるかどうかは別として、とりあえずメールを送れば返事を貰えるでしょうし、連絡先の交換やデートをするのもそれほど難しいことではないでしょう。

書き込みをするときには「お小遣いがほしい」などとは書かないように。あなたがまだ20代くらいなら、「年上のお姉さんが好きです」と書いておくのがよいでしょう。熟女さんたちが、私にもチャンスあるのかしら、とメールをくれるかもしれません。あるいは、あしあとを残してくれるかもしれません。自分にちょっとでも興味を持ってくれた人に、片端からメールを送り、親しくなり、そして恋愛的な関係を築いて、小遣いを貰う。これが逆援助への道筋です。